幻の出石鉄道 6号蒸気機関車をペーパークラフトで再現!

 

 

■蘇れ…2000人の住民が支えた出石軽便鉄道■

 

6号蒸気機関車

1913年(大正2年)

英国KERR STUART製 製造番号1197

国鉄105形蒸気機関車

=解 説=

 イギリスのカー・スチュアート社製造の機関車で、1913年に、中央鉄道により2輌発注されましたが、

開業に間に合わず製造番号1197のみを引き取り、製造番号1198は秋田鉄道が開業用に購入し、

4・15号となり、1934年に国鉄に編入され105形となりました。

 一方、1197は上武鉄道にD形6号機として貸渡し、1916年返却後、信濃鉄道に売却されました。

信濃鉄道はこれを使用することなく播州鉄道に譲渡し、側水槽を増強する改造もされましたが、

1936年まで在籍しました。晩年はあまり使用されず同年出石鉄道に6号機として譲渡されました。

 1943年、出石鉄道は国家総動員法により施設撤去され、6号機は残された徴用線で砂利運搬

戦後は木材運搬として最後まで残り、1951年江原駅で解体され38年の短い一生を終えました。

 

06.gif - 57,213Bytes

※展開図の販売です、完成品の販売ではございません。

06-1.gif - 15,663Bytes

このペーパークラフトは写真を分析し高度な技術で合成しております。

 

06-2.gif - 28,960Bytes

 

紙とは思えない重量感と仕上がりをお楽しみ下さい!

 

06-3.gif - 57,222Bytes

 

表 紙 

 

06-4.gif - 46,518Bytes

 

展開図の内容・A4サイズ3枚(上質紙)&組み立て説明図

 

 

アマゾンにて好評発売中!です。

1,500円(税・送料込)

メール便にて発送致します。